2009年11月02日

追うと逃げる恋愛心理

追いかける=焦っている、と言う事です。焦っている人にはあまり魅力を感じないと思います。焦っているということが表に出てしまっているからです。

「焦っている=必死=彼女欲しいオーラが出てしまう」という公式が成り立ち、その時点で女の子は引いてしまうのです。

彼女が欲しいけど出来ない人は、まず焦りをなくすこと。これが一番の近道だと思います。

焦っている人に対しては、なかなか警戒心を解くことが出来ませんね。その結果、仲良くなれないばかりか、付き合う段階まで気持ちが傾きませんね。


では、具体的にどうすればよいのでしょうか?

決して簡単なことではありませんが、まずは恋人を作ること以外に打ち込める何かを見つけることです。何かに熱中している人はとても魅力的です。

そんなの思いつかない、という方は、内心焦っていてもそれを表面に出さないことができればいいと思います。

そうはいっても、自分では焦りが出ているかどうかわからないですよねぇ。個人的な意見になりますが、焦りが見える男性の多くに共通することのひとつに、一方的な押しが強すぎるということがあります。

たとえば、メールアドレスを交換する時、相手のアドレスをその場で何としても教えてもらおうとする人。また、アドレスが分かったところで、頻繁にメールを送信する人です。これでは完全に焦りが見えてしまいます。

逆に、この人のやり方はうまいな、と思ったのは、自分のアドレスだけを教えて女の子のアドレスを聞かないと言う事です。

この場合、女の子のアドレスを聞かないので焦っている感じには全く見えませんし、女の子がアドレスを教えていいと思ったときに、女の子側からメールを送ってくれます。


ネットでもリアルでも、「連絡先を教えて!」と迫られるのは、女の子が警戒する行動の一つです。まずはゆっくり焦らずに、仲良くなる段階を踏むことから始めてみて下さい。
posted by こころ at 19:42 | TrackBack(0) | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

目をそらす恋愛心理学

誰でも、好きな人が出来たらその相手にも好きになってほしいですよねぇ。最初は見ているだけでいいと思っても、だんだんと欲求が膨らんでくるものです。

片思いの時には、とにかく相手に好きになってもらいたいという気持ちが強くなると思います。


どうやったら相手に好きになってもらえるのか、それはずばり、相手に自分の気持ちを悟らせるということが一番の近道なのではと思います。

気をつけることは、あくまでも「悟らせる」ということ。相手に自分の気持ちを悟らせたら、逆に今度は相手もあなたを気にするようになります。

そして、ここからが勝負です。今度は相手にも頻繁に見られるようになります。ここで気をつけなくてはならないのは、相手はまだ「好き」になっているとは限らないと言う事です。ただ単純に気にしているだけということも考えられます。

相手に気にしてもらえるようになったら、後は自分次第でしょう。相手に合わせて無理するのはあまりオススメできませんが、少しくらいの演出は場合によっては必要かも知れませんね。

ただ、あまり無理をすると、せっかく好きになってもらえても、がやっぱり違うと相手が感じた時点で離れていってしまったり、無理をしていて自分が疲れてしまったりするので結局ダメになってしまうというケースが多々あると思います。

そうはいっても、相手が見てくれている時期は、相手があなたにチャンスを与えてくれている時なのです。そんな時は、重くならない程度に頑張った方が、最終的にどんな結果になっても後悔は少ないです。

無理をしない程度に、自分なりに頑張ってみてはいかがでしょうか?
posted by こころ at 14:43 | TrackBack(0) | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

恋愛心理学で友達以上

長い間友達関係を保ってきた人を好きになってしまったとき。そういう相手と結ばれることってすごく難しいことだと思います。

「この関係が壊れてしまう位ならばずっとこの想いは伝えなくっていい」なんて思ってしまいがちですよねぇ。

それもすごく分かりますが、想いを伝えなければ今の関係は壊れない可能性がある分、それ以上に進展することもありませんね。それは分かっていても、実際に言葉にするのは本当に難しいですね。

そんな時は、冗談を交えながら相手の反応を見てみるのも1つの方法です。あくまでも重くならない程度に、さりげなく本音を混ぜて話をしてみてはどうでしょうか?

例えば、会話の中で「好きな人いる?」という話になったら、「私の好きな人はあなただよ」なんて言ってみると、相手の反応がとてもよく見えます。

最初の反応はかなり慌てているかも知れませんが、そこですかさずあなたが「冗談だよ、そんなわけないじゃない」などとかわします。

この時、落胆した様子であれば脈があるかも知れませんね。反対に、ホッとした様子や「もし本気だったら困る」というようなことを言われてしまったら、もう少し様子を見るべきでしょう。


もし、友達に思い切って告白したけれどふられてしまった時には、今まで通りの友達ではいられなくなってしまうと思いますし、一気に落ち込んでしまいますね。

でもそれがきっかけで、相手に対する見方が変わる可能性もあるように思います。友達でなくなって初めて見えることがあるのではないでしょうか?

どうか、あなたにとって大切なタイミングを逃してしまわないように・・・。
posted by こころ at 19:00 | TrackBack(0) | 恋愛心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。